So-net無料ブログ作成
検索選択

大人になれないおとなたちPartⅡ

昌徳宮.jpg
 
 
 日韓従軍慰安婦問題合意で決着が付くとは思えない。
 
 ソウル市内にある昌徳宮(チャンドックン)は李氏朝鮮の宮殿である。これはその中の政務を行った「仁政殿」という中心的建物。だがこの名の通り朝鮮半島で「仁政」が布かれた事は一度もない。それは今現在に於いても何一つ変わらない。
 元々朝鮮半島は一部の豪族や王族という少数の特権階級が農奴など主権を持たない大多数の民衆を支配・搾取してきた歴史がある。だから「仁政」とは民衆に施されるものではない。韓国はその史実を歪曲して朝鮮半島では昔から仁政が施されてきたと自慢する(私は実際にこの耳で韓国内でその事を聞いています)がそれは全くの嘘です。
 恩恵を受けるのは常に王族と両班(ヤンバン)というごく少数の特権階級だけであり民の殆どは王族と両班の奴隷であり搾取される対象でしかなかった。両班とは額に汗して働く事を何より軽蔑するという驕り高ぶった特権階級だ。箸とキセルしか重いものを持った事がないのを自慢する様な品性しか持ち合わせていない。
 従って韓国歴史ドラマは全くの虚構の世界で史実とこれ程乖離したものはない。これと同程度のものは世界を見廻して見てもお隣で朝鮮半島の元宗主国である中国の反日・抗日戦争ドラマぐらいしかない。つまり荒唐無稽な絵空事だ。
 中国人はそれを理解した上あくまでも娯楽としてドラマを見ている。ところが韓国は違う。現実を歪曲して虚構を現実に変えてしまうのだ。それをさも史実であるかの様に英雄化して巨大な銅像まで建ててしまうところにこの国の嘘と欺瞞がある。世宗などがその代表的な例である。
 日本を非難し続け歴史を直視しろと事ある毎に感情的に叫ぶ韓国こそ歴史を歪曲しているのは明らかだ。従軍慰安婦という言葉は元々ない。それを顕在化させたのは日本のマスメディアに責任がある。だがそれを政治利用して韓国世論を煽ったのは時々の韓国政府だ。その動きに的確に対応し得なかった日本政府にも勿論責任がある。だが韓国同様日本国民自らが毅然とした対応をしなかった事が今の状況を生み出している。従軍慰安婦というものの実体を掘り下げて調べる事もせず国論が二分している今の日本では、日本擁護派は侮蔑の言葉で従軍慰安婦を事実はなかったと罵倒し、一方の韓国擁護派同じく感情論で世間に訴えようとする。どちらもまったく説得力はない。そして今のところ声が一際大きい韓国政府が日本政府から妥協を引き出したという構図である。これでは日本国内の世論も韓国世論も納得させる事は出来ないだろう。
 という訳で今回の「歴史的合意」は韓国の国民から支持されない。しかも韓国政府はそれを抑えきれない。何故なら現大統領自身がそれを扇動し歴史を歪曲し我先に日本を非難してきたからだ。であるならば韓国国民からすればこの合意は背信以外の何ものでもない。そして日本の有識者も支持しないだろう。何故なら真実に蓋をしたまま幕を閉じようとしているのだから日本人の名誉は永久に回復されない恐れがあるのだ。これでは日本人も納得などしないだろう。
 日本政府が謝罪するというのは元従軍慰安婦の言葉をそのまま何の検証もせずに鵜呑みにし日本政府自らが朝鮮婦女子の拉致や誘拐に関わったと世界に捉えかねない国民不在の暴挙だ。日本国民の名誉を著しく傷付け禍根を残したと云えよう。子孫に負債を残さないどころかまったく逆の結果を招くかも知れない。我々は永久に自分達の父や祖父を敬う事が出来ないのだ。そんな結論があって良いのだろうか。
  韓国歴史ドラマの話をしたついでに真実を話しておこう。「奇皇后」などというドラマが今NHKで放映されている。だが朝鮮半島に皇帝や皇后が居た史実はない。日本統治化時代を今の様に否定するなら当然そうなる。何しろ傀儡ではあるが朝鮮半島が「帝国」を名乗れたのは日本統治下でしかあり得ないのだから。
 朝鮮は元々中国の属国であり李氏朝鮮も中国皇帝から半島統治を皇帝に代わって代行している地方王族もしくは豪族に過ぎない。その李氏朝鮮の王ですら中国皇帝の使者以下の扱いしか受けなかったというのだからその地位はいかばかりであったろう。
 わたしはそういう史実を知っているから「奇皇后」などというのは見た事もないし見る気もしない。主人公になった人物は実在したかも知れないが漢文で一行にも満たない記述で何一つ実体はない。韓国では漢文がすらすらと読めるのはごく一部の人だけだ。大学教授ですら漢文の専門でなければまともに漢字を読めない。その点では日本の漢文学者の方が遙かに優れている。それにどの時代に於いても朝鮮半島に皇帝がいたことは史実としても現実としてもない。皇帝が居ないのだから当然皇后すら居ない。そんな嘘に塗れた韓国ドラマに洗脳される日本人もいまや劣化が甚だしい。因みに皇帝を名乗れるのは世界でただ一つ中国の覇者のみである。ロシア帝国もプロイセン帝国も古代ローマ帝国の覇者も「皇帝」とは呼ばない。日本人が日本語で便宜上皇帝と読んでいるに過ぎない。
 わたしは思うのだが世界で恩義を蔑ろにする民族の一、二位を争うのは朝鮮族と漢民族である。イスラム社会ですら米国に追従して集団的自衛権さえ行使しなければ敗戦後の日本がして来た恩義を忘れず敵対する事はないだろう。イスラムとは元々恩義を大切にする教えなのだ。ところが儒教国だという韓国はその恩義どころか、仁義礼智忠信孝悌を知る者が殆どいない。
 そもそも李氏朝鮮とその両班によって特権階級の「持ち物」として扱われてきた農奴を解放し朝鮮民族は皆平等だと法律で定めたのは時の明治政府だ。それは理想に燃えた明治政府が日本で成功した施政を朝鮮半島にも根付かせようとした結果で何一つ間違った事はしていない。そしてその統治政策に基づいて日本によって初めて学校が作られ小学校から大学まで整備されたのだ。そして識字率が3%(しかも漢字)しかなかった朝鮮半島にハングルをあまねく民衆レベルまでに広めたのは福沢諭吉の師弟である。つまり日清戦争によって日本の朝鮮統治が始まって以降の話だ。朝鮮半島の人々は外圧によってしか自分達を変える事が出来ない。日本の明治維新とは大違いである。
 それまでは李氏朝鮮の特権階級しか教育は受けられず朝鮮民衆の殆どは字も読めなければ書けもしなかったのだ。そしてその恩義を忘れいまは何を於いても手前勝手な自己主張ばかりで相手の話に真摯に耳を傾ける姿勢は皆無だ。こうなったのは李承晩(この韓国初代大統領も両班出身)以来日本を敵対視する事を自国民に強要し日本を擁護する自国民を徹底的に弾圧し処刑したからだ。そしていつの間にか日本を知る者はいなくなった。伊藤博文をハルビンで暗殺した安重根も両班の出身である。ここから云えるのは李承晩も安重根も特権を日本の平等化政策によって剥奪された側という事である。その目が公平である筈もない。
 自分たちの主張を声高に叫べば叫ぶほど世界は引いていく。その事を韓国政府とその国民は知るべきだろう。
 中国は今韓国に同調しているがいつ手のひらを返すか分からない。登ったあと階段を外すのは中国の常套手段である。所詮中国人にとって朝鮮半島は自分たちの元属国ひいては領土だという認識しかない。
 そんな中で韓国の迷走は昔から信念がなく属国意識から来る劣等感から抜け出せないところにある。その反動が無謀とも思える強引で声高な自己主張なのである。理性も冷静さの欠片もないのだ。
 だから言う事がころころ変わる。政権が変われば前政権が国家として約束した事も平気で反故にする。信用の置けない国家だといわれても仕方あるまい。韓国の知識人の中にその事に気づいている者が居ても命懸けでなければ事実を明らかに出来ないほど韓国は歪んで偏向した社会だと思う。
 李承晩以来韓国は大切なものを失った。儒教は地に落ち恥も清廉さも今はない。あるのは自分たちの根拠のない主張を際限なく繰り返すのみ。もっと謙虚になるべきだろう。
 
 読んでお分かりの様にあらためていうまでもなくわたしは「嫌韓」である。しかし韓国寄りの考えを持っている人達とも右翼とも違うのはそれが感情論ではないことだ。わたしの嫌韓とは感情ではない。事実を積み重ねた上での結論なのだ。冷静な目を持ちえない右翼も左翼も、そして自分の考えを持っていないどっち付かずの人達もわたしは信ずるに足りずと思っている。
 
 本質的問題や真実に蓋をしたまま終わらせようとしている「従軍慰安婦問題」はまだまだ尾を引くだろう。
 
 

 
 
 前置きが長くなりました。あとは「日本人の劣化」の問題です。  
   
 
 ネットなら何でも自由に話せる。書けるのだと勘違いしている方が大勢いらっしゃいます。
 
 そういう方の言い分は「言論の自由」、「ネットはバーチャルな世界で何でも有り」、
 
 「ネットでの発言は罪に問われない」etcと云うものです。
 
 でも本当にそうなのでしょうか。
 
 
 現実にはネットでの出来事が事件や紛争にまで発展し裁判になった例は枚挙に暇がなく年々増加傾向にあります。その中でも名誉毀損に関するものが一番多いと聞いております。
 
 嘗てわたしが遭遇したネット荒らしやネットストーカー
 
「何をしようが自由、何を書こうが自由、ネットは所詮バーチャルな世界。あんたにあれこれ言われる筋合いはない」
 
 と、傲慢な発言を繰り返していました。
 
 でもね。結果的に社会から制裁を受けました。
 
 主犯の男はわたし達に個人を特定され、わたしの意表を突く直接行動で企業のコンプライアンスを問われ会社命令でso-netから撤退させられました。この男は「バーチャルな世界の問題をリアル(現実世界)に持ち込みやがって今に見ていろ」などと云っておりましたがわたしの矢継ぎ早の波状攻撃でとうとう何も出来ずに終わっています。最後まで現実とそうでないものの見分けもつかない愚か者でした。
 
 相棒のストーカー女はso-netに目をつけられ何度も会員資格を剥奪されました。
 
 しかしそれでも新しい会員資格を取って、罪に問われない様に一日にそれこそ何度も記事を出したり引っ込めたりを繰り返していたようです。
 
 それに嫌気が差しso-netを離れた方やブログ荒らしの一件から手を引いた方もいらっしゃいましたがわたしは最後まで対峙しました。それが二年以上続きましたがわたしが一切無視を続けたので結局フェードアウトしました。その間まったく動じずこの女が書いた記事など一度も見に行く事はありませんでした。(時々ブロ友からその内容は伝え聞いておりましたが反論する程の内容ではありません)
 
 それで自分の行為の愚かさに漸く気づいたという訳です。相手がまったく反応せず痛手を与えられないとあれば然もありなん。糠釘じゃ張り合いもなしという訳です。
 
 まあ、異常な方でしたのでまた遺跡。。。じゃなかった!「井〇太郎くん」の時の様にネットでの火種を見つければ暗躍したり復活するかも知れませんけどわたしは相手をしません。
 
 上記の様に、ネットはバーチャルな世界で罪に問われないなどと勘違いしているととんでもない目に遭います。
 
 ではわたしがした様に相手を無視すれば解決するのかと云えばその答えは”NO”です。
 
 犯罪者もしくは容疑者は自分の犯した罪から逃れられません。法的なものも含めてその根拠も示さず安易に人を犯罪者呼ばわりすれば、それは犯罪者呼ばわりされた方ではなく、犯罪者扱いした者が「容疑者」となり逮捕もしくは書類送検されます。その後訴追を受けて刑が確定すれば「犯罪者」となります。つまり前科がつきます。
 
 いい年をした大人が、しかも不惑を越えた年齢で、LINE子供達がやっているような誹謗中傷を平気で遣ってしまい、それを指摘されても知らぬ振りを決め込むのはネットがバーチャルだと思い込んでいるからです。でも上記で書いた様にネットは落とし穴が一杯です。
 
 ごく普通のオバサンが感情的になって人を批判した事が法に触れ、それが告発されればいつでも犯罪者になり得るのです。わたしがされたのはそういうことです。
 
 この様な無知なオバサンだけでなく、自分が何処の誰だか分からない筈だから人を無闇に誹謗中傷しても大丈夫などと勘違いしている方はまだまだ存在します。バーチャルな世界だから自分という人間を特定出来ないので相手は何も出来ないだろうと思い込んでいるのです。
 
 しかしそれは幻想です。
 
 個人を特定することは可能なのです。しかも正々堂々と合法的に知る事が出来ます。法の整備はネット社会を追従してどんどん変わって来ています。それで今まで出来なかった事が可能となっているのです。
 
 犯罪に該当する行為をしていると警察などの行政機関が認定すればそれが適用されます。
 
 そして犯罪行為をしたりその疑いがあれば「個人情報保護法」は適用外になるのです。
 
 つまり法律で個人情報は保護されません。犯罪の疑い有りとなればその者の個人情報を持っているものは請求者にその情報を開示しなければならないのです。これは法に定められたルールです。
 
 現実に、何処其処の住所に住む何の誰兵衛は言うに及ばず、年齢性別家族構成、職業まで特定出来ます。そこまで分かればいつでも相手を告発する事は可能です。
 
 そしてその方法をわたしは知っています。
 
 遣るか遣らないかは別ですが、今のわたしにはそれが可能という事です。

 この様に、他人への誹謗中傷といった行いはバーチャルな世界で起きている事ではなくて現実世界で起きている事なのです。ですから知らぬ存ぜぬを決め込んでも、法律も含めてその者の居るコミュニティーや集団といった社会、更には所属する企業が知るところとなれば現実にそれ相応の社会的制裁を受けます。
 
 世の中は泣き寝入りする人間ばかりではありません。わたしの様に一旦目にした不正は看過しない人間もいるのです。そしてそれを行うだけの経験と知識と行動力を持っています。

 話を元に戻します
 
 今回の件だけではなく今の日本社会を見るにつけ

 つくづく「日本人は劣化した」と思わざるを得ないのです。
 
 特に「道徳観の崩壊もしくは欠如」は如何ともし難いほどです。
 
 次回以降はネットでわたしが遭遇した不道徳なおとな達の行いを明らかにしたいと思います。
 
 わたしはつくづく思います。
 
 「人間とは何と愚かな生き物なのでしょう」
 
 そしてわたしもけして例外ではありません。誰一人例外はないのです。



nice!(93)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 93

コメント 15

ぽちの輔

内容によっては一気に拡散して
取り返しの付かない事になりますね。
週刊誌なら回収できるのでしょうが・・・^^;

いつもありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いします^^
よいお年を!
by ぽちの輔 (2015-12-31 07:11) 

moz

本年も、素敵な写真、楽しい記事、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします ^^
by moz (2015-12-31 17:11) 

枝動

こんばんは。
歴史的合意は、成文化されずで笑止。これはきっと、反故にされます。
しかし、しかし、もう一度、もう一度だけ信じてみよう。またバカになるかもしれない。それでも、もう一度だけ信じてみよう。未来を見据えて、仁義礼は尽くした。それでいい。それで裏切られ、縁失くしても、もう仕方無い。といった、心境かな。
良いお年をお迎えください。
by 枝動 (2015-12-31 21:41) 

なかちゃん

今回の韓国の件、ボクも合意や和解や決着とはならないと思います。
民族のことを掘り下げて勉強したことはないのでよく分からないけど、決着を付けるというなら一筆入れるのは当然と思います。
このまま軟着陸しても、政権が代わればまた再燃するような気がします。
そういえば、ヰセキ〇太郎ってのもいましたね。
絶対に関わりたくないようなアンポンタンだったような気が… (^^;

by なかちゃん (2016-01-04 14:25) 

吟遊詩人41

そーいえば、さ◯ま◯し様の所に太郎さん来てましたね。。。
ご健在だったとは!(◎_◎;)
by 吟遊詩人41 (2016-01-04 20:47) 

justice

☆皆様へ☆
 件のお方(escapeさん)は孫もいるそうです。そこから推察すればどう考えても40代後半以前の年齢ではないと判断しています。プロフィールを見れば男性となっていますが明らかに女性です。そして記事の内容からすればたぶんわたしと同年代かそれ以上の年齢であると思われます。そしてその年齢であれば当然分別や良識は持ち合わせているだろうと誰でもが思うでしょう。また、そうでなければ恥ずかしい限りです。
 その様な年齢に達した人が、感情に任せて安易に人を犯罪者扱いにしたことにわたしは呆れています。
 「さらまわし」という人物とどんなに懇意にしていようが彼がしていたことは褒められた事ではないのは明らかで、そこに目を瞑るべきではないとわたしは思います。ですから親しければ親しいほど本来であれば諌めるべきなのです。「さらまわし」いう人物とその家族がしていたことは他人を欺く行為です。それを件のお方は看過したのです。
 それだけならまだ許せます。しかしその後が良くなかった。不正を明らかにし正した者と、人を欺く人物を比べてどちらに非があるのかは良識があれば誰でも分かる事です。ですが件の人物はそうではなかった。正しいことを述べている者を逆に非難し、該当もしない憲法まで持ち出して他人を犯罪者扱いしたのです。大変軽率な発言だったと思います。
 わたしは再三再四謝罪すれば許すと述べています。ですが未だに梨の礫です。わたしが次に取る行動は分かっています。それをすれば件のお方は確実に社会的に制裁を受けます。ですがわたしもその様なことは出来たらしたくはない。何の反応もなければ果断に一気呵成にしますが、もう少し待とうと思っています。
by justice (2016-01-06 15:11) 

Kiki

遅ればせながら
新年おめでとうございます
ご家族皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

甘夏のジャムは甘酸っぱくて美味しいです!
うまくできたらアップしますね…(^^)
by Kiki (2016-01-07 06:39) 

justice

☆ぽちの輔さんへ
 今年もよろしくお願いします。
by justice (2016-01-07 12:22) 

justice

☆mozさんへ
 こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
by justice (2016-01-07 12:22) 

justice

☆枝動さんへ
 結局政権が変わったら反故にするのでしょうね。
今年もよろしくお願いいたします。
by justice (2016-01-07 12:24) 

justice

☆なかちゃんさんへ
 韓国も北朝鮮も信用できない国だと思います。
井〇太郎くんは去年単身赴任から戻ってきて復活しています。
相変わらず自慢話中心で進歩のない人間です。
by justice (2016-01-07 12:27) 

justice

☆吟遊詩人41さんへ
 悪知恵を授けていたのかも(笑) 相手にするに値せず。
by justice (2016-01-07 12:29) 

justice

☆kikiさんへ
 記事お待ちしております。
by justice (2016-01-07 12:30) 

ironbridge

〝日韓従軍慰安婦問題合意で決着が付くとは思えない〟全く同感ですが、このプロセスを無駄とは思いません。何かをトライして行かなければ次が見えてきません。李氏朝鮮と両班、教科書を復習した思いです。歴史解釈も色々ありますが(あっていいのかも知れませんが)、事実・ファクトを起点とした「歴史」にしたいものです。
by ironbridge (2016-01-08 20:30) 

justice

☆ironbridgeさんへ
 「洗脳」ではない歴史教育があって然るべきでしょうね。
by justice (2016-01-11 12:29) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。