So-net無料ブログ作成

大人になれないおとなたち Part Ⅶ

 
 
白馬の蕎麦畑から.jpg 

<2016.06.26.06:37 at Hakuba Nagano Japan> 
 
 
 <<緊急アップロード>> 
 
 安倍政権信奉者は消費税率引き上げ延期の理由として挙げた「リーマンショック前夜に似ている」との発言から、英国のEU離脱を指して、未来を予測したと安倍総理を絶賛している。
 
 しかし実態を見ればそれは事実を覆い隠す虚言でしかない、、、
 
 現実は、実質賃金の目減りは目を覆うばかりで、民主党時代の遙かに上を行く低下率で、庶民クラスの生活を直撃している。GDP成長率は先進国最低で、しかも今なお批判している民主党政権時代の1/3以下である。アベノミクスはそもそも大企業以外は恩恵がない経済政策なのだ。
 
 それだけではない。実はもっと深刻な問題を安倍政権はひた隠しにしている。それは誤った経済政策と安倍政権による年金運用方法の改悪である。この法案成立により、以降年金は限りなく目減りしている。それにとどめを刺したのが今回の英国のEU離脱で、この日一日だけで1.7兆円もの年金が消え去ってしまった。これを「阿倍ブラックマジック」といわずして何と云えば良いのか。
 
 これで安倍政権の経済政策はことごとく失敗に終わった。
 
 緊急に経済打開策など打ち出しても焼け石に水でしかない。塩崎、年金運用を長い目で見ろなどと説教などするな。そんな小手先の施策や洗脳で国民の目を欺こうとするな。
 
 アベノミクスという虚構と、それを支える株価の維持の為にこれ以上国民の年金を投入されては堪らない。
 
 こんな実情なのに予想が当たったなどと脳天気も良いところだ。安倍政権信奉者はこれをどう思うのか。本当にアベノミクスを信じているのか?
 
 安倍政権は自ら掲げた金融政策維持の為に年金運用の株投資比率を上げ、株価維持の為にとてつもない額の年金を注ぎ込み、私達の年金を今なおドブに捨てている。例え政府だろうと株価下支えという株価操作は違法である。以降国際的にもその事を追及されるだろう。しかもその為につぎ込まれている年金は無尽蔵ではない。有限なのだ。
 
 そしてそれは直ぐさま積み立てる年金額や支給額に跳ね返る。
 
 誰が見てもアベノミクスは最早破綻している。こんな虚構の金融政策を維持する為に、安倍政権は更に年金をつぎ込もうとしているのだ。英国離脱決定後初となった東京株式市場の昨日の株価上昇はそれを物語っている。海外の主だった株式市場が軒並み株価を下げているのに日本だけが株価上昇というのはあまりにも不自然だ。株価を維持する為に政府によって何がなされたのか分からない人は救いようがない。従って予測が当たったと喜んでいる御仁は馬鹿としか言いようがない。
 
 種を明かせば、補填の為というより、アベノミクスの破綻を隠す為に限りある年金を湯水の様につぎ込んでいるのが実体だ。・・・それが国民に隠された現実なのだ。
 
 アベノミクスの失敗を覆い隠す為にこれからも年金は湯水の様に株式市場につぎ込まれ目減りしていくだろう。それは砂漠に水を注ぐ様なものであり豊かな結実にはけして結びつかない。
 
 そして今日現在、今まで得た利益は吹き飛んでしまった。

 もういいよ安倍政権。

 NO ABE.  NO ABENOMIX.

 一般論だが嘘つきや権勢欲の塊の様な人物は政治家になるべきではない。
 
 我々が望んでいるのは国民に忠節を誓う誠実な政治家だ。
 
 

nice!(150)  コメント(13) 

nice! 150

コメント 13

Baldhead1010

大事な年金を株なんぞの大ばくちに使いやがって・・。

株価が上昇して運用益が上がっても、年金に繰り入れなんぞはするわけが無い。
by Baldhead1010 (2016-06-28 18:04) 

hatumi30331

我が街のトップは、アベノミクスを信じてか?
外国からの観光客相手のホテル建設を計画。
大丈夫か?景気良さそうな隣国もそろそろバブル崩壊の予感・・・・
ヤバイんちゃう?って思ってる私。
世界情勢は目まぐるしく変化し続けてるよ!
しっかり考えたいね!まずは参議委員選!
by hatumi30331 (2016-06-28 20:02) 

johncomeback

↑ Baldhead1010 に共感です。
国が博打して良いわけ無いだろう!!!
by johncomeback (2016-06-28 20:51) 

katakiyo

政治家は口先が巧い、若者よ、高齢者よ!乗せられると英国の二の舞になりそうですよ。
by katakiyo (2016-06-28 21:48) 

八犬伝

自分の時代だけ良くすれば、いいのでしょうね。
後が野となれ山となっても。

そして、ひたすら改憲を目指す。
選挙の争点すらはぐらかして
とんでもない輩ですね。
早く倒さなければ。
by 八犬伝 (2016-06-28 22:02) 

dentoukokesi

役人も政治家も嘘つきで、口先がうまい!
by dentoukokesi (2016-06-29 05:22) 

よしあき・ギャラリー

支持率を維持していることに危機感を覚えます。
by よしあき・ギャラリー (2016-06-29 06:01) 

またじ

野党はナメられないような、まともな戦いをしてほしいですね
by またじ (2016-06-29 06:31) 

promethe

コメント、ありがとうございます。

アベノミクスの失敗は当初からの予測通りですね。
彼らはマクロばかり見て、ミクロを見ない。
我々庶民の生活など眼中にないのです。
だから失敗する。

格差の進んだ現在、経済を好転させるには、
我々庶民の生活を粘り強く底上げするか、
持てる者だけの力で経済をフル回転させるかの二択しかありません。
お友達の麻生クンが良い事を言ってましたね。
『金は使わなきゃ何の意味もない。さらに貯めてどうするんです?』
麻生クンにはぜひこの発言の責任を取ってもらって、
全資産を使いきってこの国の経済に貢献してもらいましょう。
もちろん安倍クン始め、与党一丸となって資産を使い切りましょう!
ついでに能力に不釣り合いな多額の給与も使い切ってもらいましょう。
そして、下野する。
そうすれば、将来に不安を抱く庶民の気持ちがわかるよ。

庶民の気持ちを汲み取れずして、なんの民主主義だろうか?
長文失礼しました。
by promethe (2016-06-29 06:42) 

旅爺さん

年金目減りでまた減額されるでしょう。
年金から差し引かれる介護保険料その他も増えると苦しくなります。
by 旅爺さん (2016-06-29 07:07) 

ironbridge

justiceさん〝我々が望んでいるのは国民に忠節を誓う誠実な政治家だ〟ですが、世界各国、古今東西、国民に忠節を誓う誠実な政治家、なんて見たことも聞いたこともありません。現在の民主主義は儚くもいい加減な社会の仕組みです。ポピュリズムそのものです。憲法や選挙法を変えるにも、議員さんが決めるのです。何とか委員会で成案を提案しても叶いません。泥棒に金庫番をさせているのが、現代の民主主義です。でも「悲観は気分、楽観は意思」という事で、意識している人が「意思」を貫き通すしかありません。
by ironbridge (2016-06-29 21:15) 

justice

☆ironbridgeさんへ
私は現実を直視はしますが諦観はしません。現実がどうあろうと理想を追い求めたいと思います(笑)
by justice (2016-06-29 22:27) 

promethe

おはようございます。

ironbridgeさん
確かに『国民に忠節を誓う政治家』はいなかったかも知れません。
ですがこの国には『民のためを思って政を行う政治家』はいましたよ。

例えば、武田信玄。
彼は生涯二つの事を続けました。
治水工事と法整備です。
彼の作った法には『もしも自分が間違ったら、誰でも良いから目安箱に投書してくれ。きっと直すから。』という一文があります。

例えば、徳川家康。
江戸城は元々太田道灌が海岸線の岩場に築いた城です。
今、皇居(江戸城)はかなり内陸にあります。
移転した訳ではありません。
家康が天下人になってから埋立てられたのです。
きちんと区画割りされ、上下水道完備。
これが民のためでなくて、なんでしょう?
江戸は当時世界一大きく、かつ、衛生的な都市でした。

たとえば、前田家。
前田家は飢饉がある度に『お救い小屋』を作っていました。
そこでは、衣・食・住を無償で提供し、さらには職の斡旋なども行っていたそうです。

彼らだけが特別じゃないのです。
当時は『仁』という徳が健在だったからです。
『仁』が無くなったのは明治以降だと思います。

昔の人に出来て今の人に出来ない筈はないです。
悲観も定款も客観も、何の薬にもなりません。
一人一人が、『今の自分に何が出来るか?』を真剣に考える事が必要だと思います。


justiceさん
私は自称『楽観的なペシミスト』です。
現実を直視する限り、ペシミストである事は仕方ない。
でも、明日は、未来はきっと素晴らしい物になると信じています。
その為に、今苦しくても頑張る。
それが私の基本的な姿勢です。

それが決して実現することは無い物であっても、
理想を掲げ続けることは必要ですよね。
所詮僕らは人間なのですから。

再びの長文、失礼しました。


by promethe (2016-07-01 07:28) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。